IRORIO – 最新技術を盛り込んだ「高機能白杖」が話題、視覚障害を持つエンジニアが開発

視覚障がい者が道を安全に歩くための白杖に、最新技術を盛り込んだ高機能「WeWALK Smart cane」が開発され、海外メディアが取り上げるなどして注目を浴びている。

開発者はトルコ在住の視覚障がい者エンジニア、Kursat Ceylan氏だ。

盛り込まれた最新技術

従来の白杖は、道上の点字ブロックや足下にある障害物の有無などを確認するための、最低限の役割しか持っていない。

一方で「WeWALK」は、使用者が目的地に安全に、効率的に、そして自力でたどり着けるように最新技術を駆使したいくつかの優れた機能を持っているのだ。

まず、障害物は足下だけではないという認識のもと、センサーで、胸の高さより上にある障害物を検知し、振動で教えてくれるという。

そして、特定アプリをスマホにインストールすると、Bluetoothを介してスマホと「WeWALK」が連動する仕組みになっている。

スマホを手で持たなくても、身に着けていれば、アプリが音声で道をナビゲーションしてくれるという。

「WeWALK」は充電式で、価格は499ドル(約53,600円)。

手頃な価格設定と、分かりやすい使用方法で、一人でも多くの視覚障がい者に利用してもらい、彼らの自力で効率的な移動をサポートしたいとしている。

WeWALK公式サイト(英語):https://wewalk.io/

Source: IRORIO

最新技術を盛り込んだ「高機能白杖」が話題、視覚障害を持つエンジニアが開発